フリーローンおすすめ!理由とメリットをカードローン比較で銀行員が語る

使い道が決まっているのであれば、カードローンよりもフリーローンの方がおすすめです。
フリーローンがおすすめできる理由と、フリーローンのデメリットについて解説していきます。

フリーローンのメリット

フリーローンには、カードローンよりも利息の負担が軽くなる、生活設計が立てやすいというメリットがあります。
「この目的のためにお金を借りたい」という使い道が決まっているのであればカードローンよりもフリーローンを元銀行員としておすすめします。

カードローンよりも金利が低い

フリーローンの金利は10%弱というのが相場です。
同じように使い道が自由なカードローンの最高金利が銀行で14%半ば、消費者金融で18%程度ですので、カードローンよりもフリーローンで借りた方が金利的なメリットが大きいというのがフリーローンのメリットです。

完済までのゴールが見える

フリーローンは証書貸付という融資方法によって行われます。
証書貸付は契約時に決めた期日までに完済できるように、算出された返済額を毎月返済していく方法です。
カードローンのように、利用残高ごとに設定された返済額をいつ終わるともわからずに延々と返済していくことと比較して、完済までのゴールが見えるという点もメリットです。
また、カードローンの最低返済額は利息と少しの元金を返済するように設定されています。
このためカードローンの方がフリーローンよりも完済までの期間が長くなるため、金利にあまり関係なく利息負担額がフリーローンの方が少なくなるという点もメリットです。

生活設計が立てやすい

完済までのゴールが見えやすいということは、フリーローンを完済したら自動車を買おうとか、住宅ローンを組もうという生活設計が立てやすいという点がメリットです。
カードローンではいつ返済が終了するか分からないため、完済後の人生設計を立てることが難しいですが、フリーローンは計画的に返済を行い、次の人生設計を立てやすいといえるでしょう。

無駄な借入をしなくてよい

フリーローンは申込時に申告した使い道にしか借りたお金を使えないローンです。
このため、本当に使いたい目的にしか借りたお金を使うことができません。
一方、カードローンは申込時に申告した使い道以外にも借りたお金を使うことができます。
また、返済によって空いた枠から繰り返しお金を借りることができるため、フリーローンであればしなかった借金を負うことになってしまいます。
このため、カードローンの多重債務で生活が破綻する人は少なくありませんが、フリーローンの多重債務で生活が破綻する人はあまりいないのです。

他の借入時にマイナス要因が少ない

他のローンやクレジットカードの審査に申し込む際には、他からの借入がどのくらいあるのかを審査されます。
この際に、カードローンは利用残高がいくらであろうと、限度額の金額が他債務であると認識されます。
借りようと思えばすぐにでもATMから借入ができてしまうため、当然といえば当然です。
しかし、フリーローンは返済を継続して借入残高が減少したら、残高分しか他債務として認識されません。
当初200万円の借入を行い、残高が100万円まで減少したら、フリーローンの場合には他債務100万円ですが、カードローンでは200万円と認識されるということです。
住宅ローンなどの大きな借入を行う前には、カードローンからフリーローンやおまとめローンなどの証書貸付へ借り換えを行っておいた方が無難でしょう。

フリーローンのデメリット

目的が決まっているのであれば、カードローンよりもフリーローンの方がおすすめですが、以下の3つのケースではカードローンを利用した方がよいでしょう。

複数の使い道に使用不可

フリーローンは申込時に申告した使い道にしか使用することができないローンです。
基本的に複数の使い道には使用することができず、1つの見積書に対して1つの借入が原則です。
例えば、家電購入費用と旅行費用を借りたいなどというような複数の使い道に使用したい場合にはカードローンの方がよいでしょう。

見積もりが出ない借入は不可能

生活費などの見積もりが出ない目的にフリーローンを使用することはできません。
毎月の生活費赤字分を少しずつ借りたいというような場合には、フリーローンでは対応できないため、カードローンで借りる必要があります。

高額借入ではカードローンの方が金利が低い

フリーローンは基本的に借入金額にかかわらず金利が一定です。
一方、カードローンは融資金額が高額になれば、金利が低くなっていきます。
このため、高額の借入に借りたお金を使用する場合には、フリーローンよりもカードローンの方が金利が低くなることが一般的です。
今はカードローンで高額融資を受けるのが少しずつ厳しくなっていますが、高額の使い道が決まっており、年収がその倍以上ある人はまずはカードローンに申し込んだ方が低い金利が適用される可能性もあります。

フリーローンおすすめ

フリーローンは高額でなければカードローンよりも金利が低く、利息負担がカードローンよりも少ないというメリットがあります。
最終期日が決まっているため、人生設計が立てやすいというのもフリーローンがおすすめの理由です。
ただし、フリーローンは見積書が出ない使い道や、複数の使い道には使用することができないため特定の使い道には使用することができません。
そのため、使い道が1つに決まっている場合にはフリーローンの方がおすすめです。

銀行フリーローンが低金利!カードローンと比較して金利が低い理由と
金利相場と利息計算・シミュレーション

 

銀行フリーローンの審査と金利の基礎知識&相談時・申込時のポイントや窓口で気をつけたいこと

使い道自由なローンの代名詞といえばカードローンですが、銀行には使い道自由なローンとしてフリーローンという商品もあります。

フリーローンはカードローンと異なり、不要な使い道には借りたお金を使えずに、返済金額と返済期間を自分で任意なものに設定できるという特徴があります。

家電や結婚や旅行など、まとまった使い道があらかじめ決まっているのであれば、カードローンよりもフリーローンの方が無駄なく、メリットも多いでしょう。

フリーローンを申し込む際には、カードローンと異なり申込時にいくつか注意点があります。

この記事では、フリーローンの概要や申込時や相談時の注意点などについて解説していきます。

 フリーローンの基礎知識

そもそもフリーローンとはどのようなローンなのでしょうか?

まずは、フリーローンの概要や、カードローンとの違いや必要書類などについて解説していきたいと思います。

フリーローンとは?

フリーローンのことを多目的ローンと呼ぶ銀行も存在します。

フリーローンとは、多目的ローンという名前が表すように、使い道は自由だが、申込時に申告した使い道にしか使用できないというローンです。

このため、融資方法は一括融資で借入後は返済だけを毎月行っていきます。

カードローンのように最初に枠を作成するわけではありません。

また、申込時に購入(消費)する目的の見積書を提出する必要があり、見積書以内の金額までしか借りることができません。

さらに融資実行後に、目的の使い道に融資金を使用したということを証明するため、銀行が支払先に直接振込するか、領収書を提出するという方法で、資金の行方まで管理しています。

金利はカードローンより低い

フリーローンは使い道自由ですが、資金の行方を銀行が管理し、資金使途への支払いしか借りたお金を使用できないようになっています。

このため、完全に何に使用しても自由なカードローンよりも、使い道が限定されており、このようなローンの方が銀行にとってリスクが低いローンです。

フリーローンは銀行にとってカードローンよりもリスクが低いため、カードローンよりも低い金利が設定されています。

銀行カードローンの最高金利が14%〜15%程度であることに対して、フリーローンの金利は10%を切るのが当たり前で、銀行によっては5%程度で借りることができることも珍しくありません。

主な必要書類は3つ

フリーローンの借入に必要な書類は以下の3つです。

①本人確認書類

②収入証明書

③資金使途確認資料

フリーローンの場合には融資金額にかかわらず収入証明書が必要になると考えてください。

また、見積書などの資金使途確認資料は必ず必要になります。

審査方法はスコアリング

審査の方法自体はカードローンと大きくは変わりません。

仮審査と本審査に分かれており、仮審査は保証会社によるスコアリング審査です。

スコアリング審査とは、申込者の信用情報や勤務先や年収といった属性情報を点数化していく審査で、合計点が基準点を超えたら審査通過になります。

本審査で行われることは、主に在籍確認や提出書類と申込内容の確認などになります。

金利が低い分、フリーローンの方がカードローンよりもスコアリングにおいて審査通過の基準点が高くなっていることが一般的です。

 

フリーローン相談時・申込時の注意点

フリーローンの借入を銀行に相談する際には、「いくらまで借りることができるか?」「毎月いくら返せばよいのか?」ということを銀行に丸投げすることは危険です。

借入額は自分が何にお金を使いたいのかに左右されますし、返済金額も自分がどの程度の返済期間を設定するのかによって左右されるためです。

借入額も返済希望額もあらかじめ自分で目処をつけておきましょう。

また、カードローンと異なり、フリーローンの金利は銀行によって大きく異なりますし、特定の使い道に関しては金利が下がる銀行もあります。

どの銀行に申込をするかも事前にリサーチしてから申込を行う方が無難でしょう。

資金使途を確定させておく

フリーローンは自分が購入したいモノやサービスの見積書が融資額の基準となります。

このため、お金を使いたいモノも決まっていないのに相談に行っても銀行としても、相談のしようがありません。

見積書までいかなくても、カタログや広告などから自分が購入したいモノやサービスがいくらくらいなのかはあらかじめ確定させてから相談に行くようにしましょう。

返済希望額をあらかじめ決めておこう

フリーローンは、商品ごとに決められた最長借入期間の範囲内で自由に返済期間を設定することができます。

カードローンは借入残高に応じて毎月の返済額が自動的に決まってしまいますが、フリーローンは返済計画に関してはカードローンよりも自由度が高いローンです。

相談時に「毎月〇〇万円までの返済なら大丈夫」というような返済希望額を決めておけば、銀行員がその返済金額になるような返済期間を計算してくれます。

反対に、「3年後には車を買い換える予定なので、3年以内には完済したい」などの希望を伝えれば、3年以内で完済できる返済額を銀行員は算出してくれます。

さらに、フリーローンはボーナス返済も利用することができるため、希望返済額か希望返済期間のいずれかをあらかじめ決めておけば、納得できる返済プランを設計することが可能です。

年収の2分の1以上の金利は厳しい

フリーローンの融資限度額は年収の2分の1以内と言われています。

銀行によっては1,000万円程度の融資限度額をフリーローンに設けている商品もありますが、誰でもそのような高額を借りることができるわけではありません。

「フリーローンで欲しかったモノを買おう」と考えている人は年収の2分の1以内となるような商品を選択するか、借入額が年収の2分の1となるように自己資金を貯めてからローンに申込をした方がよいでしょう。

銀行によって大きく金利が異なる

銀行カードローンの最高金利はどの銀行も大抵は14%〜15%の間です。

しかしフリーローンの金利は銀行によって大きく異なります。

10%の場合もあれば5%を切る場合もあります。

金利の低い銀行を事前にリサーチしてから、できる限り金利が低い銀行へ申し込みをするようにしましょう。

資金使途によっては金利が下がる商品もある

銀行の中には特定の使い道の場合だけ、通常のフリーローンよりも金利が低い場合があります。

例えば、「ブライダルローン」などと銘打って、結婚資金専用のローンを販売している銀行があります。

これは、実際には資金使途を結婚に限定したフリーローンで、結婚資金だけについて金利を低く設定し「ブライダルローン」という名前にしているのです。

筆者が勤務していた銀行では、介護・医療の使い道に限っては金利が優遇されていました。

特定の使い道だけ金利が優遇されるのであれば、そのローンを利用した方が絶対に得になります。

このようなローンを探す方法はgoogleなどで「〇〇(使い道) ローン」というように検索をしてみましょう。

「結婚 ローン」「旅行 ローン」などと検索すれば、当該使い道だけ金利を優遇した商品がヒットするかもしれません。

時間的な余裕を持って申し込む

カードローンは消費者金融であれば即日融資可能ですし、銀行カードローンでも3日〜1週間程度で融資を受けることができます。

しかし、フリーローンはカードローンよりも融資までには時間がかかります。

フリーローンは審査そのものもカードローンよりも時間がかかりますし、ほとんどのローンで契約書に記入捺印をする必要があるためです。

郵送で契約書をやりとりする必要があるローンもありますし、地方銀行や信用金庫では契約手続きだけは来店が必要になるケースがほとんどです。

フリーローンは融資までに時間がかかるため、遅くとも資金が必要になる2週間程度前には申し込みを行っておくようにしましょう。

使っていないカードローンは解約しておく

銀行は「複数の借入金がある人」に対して非常に敏感です。

フリーローンは使い道自由で無担保のローンです。

このようなローンに関しては銀行は2本以上の融資を行うことは基本的にしません。

カードローンも使い道自由で無担保の借入ですので、フリーローンと合わせて2本目以上となる場合には審査で落ちる可能性があるのです。

このため、使っていないカードローンがあるのであれば、そのカードローンを解約しておくようにしましょう。

また、「もう少しで完済できる」というようなカードローンやフリーローンがあるのであれば、完済を待ってから申し込みをした方が無難です。

必要書類をあらかじめ用意して間違いのない申込を

フリーローンは見積書の金額までしか借りることはできません。

このため、適当な金額を申し込み、後になって申込金額が足りなかったというような場合には審査は最初からやり直しになります。

年収や個人情報に関しても、後から本人確認書類や収入証明書を提出した際に年収や個人情報などが間違っていた場合にも審査は最初からやり直しになります。

ただでさえ、そこそこ時間のかかるフリーローンの審査が最初からやり直しになってしまったら、下手すれば最初の申し込みから融資実行まで1ヶ月程度かかってしまうこともあります。

このため、最初の申し込みから①本人確認書類②収入証明書③見積書の3つの書類を手元に用意し、必要金額や個人情報や年収などに間違いがないように申し込みをするようにしましょう。

フリーローンの基礎知識&フリーローン相談時 申込時の注意点 まとめ

フリーローンはカードローンと同じく使い道が自由なローンです。

しかし、フリーローンは目的が限定され、返済計画を自由に作ることができるローンだからこそ、相談時や申込時にカードローンにはない注意を払う必要があります。

必要書類を手元に用意して、間違いのないように申し込みをしてください。

なお、商品や資金使途によって金利が大きく異なることがあるため、事前の商品リサーチは必須です。

更新日:

Copyright© 安全にお金を借りたい!フリーローン カードローン比較 銀行が安心? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.