こんにちは、当サイト運営者の"貯めパパ"です。
以前は、自分も借りていたこともあってカードローン借入と返済のサイトを"借りパパ"として運営していました。
しかし、カードローンの借金は無くなり、また40代を迎え70代の親の老後生活のサポートを考えると老後資金のを本気で考えないとならないなということで、
"借りパパ"から"貯めパパ"に名前を変え、お金の増やし方・お金を貯める方法の知恵をつけて資産運用の道へ進んでいます。

このサイトは「フリーローン 金利」で検索してきている方が一番多いので、

訪問者の皆さんのニーズにお応えするべく、まず冒頭でシンプルに
 自由に使えるフリーなローン=カードローンの金利の安い順 」を掲載してあります。

お役に立てれば幸いです^^

※ちなみに、フリーローンとカードローンは銀行においては本来違うサービス商品です。
その辺をきちんと理解して使いたい方(申し込みたい方)は、こちらのページを読んでみてください。

実質金利 ローン名 限度額
年0.99 % ~ 14.79 % 住信SBIネット銀行 MR.カードローン
(ミスターカードローン)
最大1,200万円
年1.7 %~12.5 %
AU割かつ借り換えの場合のみ
じぶん銀行カードローン 最大800万円
年1.7% ~ 17.8% オリックス銀行カードローン 最高800万円
年1.8% ~ 14.6% 三菱UFJ銀行カードローン 最大500万円
年2.0 % ~ 14.0 %
住宅ローン利用で0.5%引き下げ
適用後の金利は年1.5%~13.5%です
みずほ銀行カードローン
※個人的には私はここがイチ推しです
最大限度額
800万円
年2.1 %~17.4 %
AUユーザーのみ金利優遇
じぶん銀行カードローン 最大800万円
年3.0% ~ 18.0% SMBCモビット 最大800万円
年3.0% ~ 18.0% アコム 最大800万円
年3.0% ~ 18.0% アイフル 最大800万円
年3.5 % ~ 9.8 % 三井住友カードゴールドローン 最大500万円
年4.5% ~ 17.8% SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
最大500万円
年6.47%~15.0% セゾンのカードローン 最大300万円
年9.5% ~ 18.0% ノーローン 最大300万円
上限-年18.0% セディナカードローン 最大200万円

 

上記のカードローンから
選んで申し込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

今日借りたい方はこちら↓↓↓

即日融資も可能なフリーローン<今日中にお金を借りる必要がある方へ>

 

このサイトに来てくれた方は、安い金利で自由に使えるローンを探している方が多いと思うので、まずは上記の金利一覧表から金利の安いカードローンをピックアップしてもらったかと思います。


ただし、
単純に一覧表の上の方(最低金利が安い)を選べば良いというものではないので、
注意が必要です!
285642


金利の安さに注目するとなると必然的に、最低金利が3%台以下の

  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行MR.カードローン・プレミアムコース
  • じぶん銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • SMBCモビット
  • 三井住友カードゴールドローン

あたりが候補になる訳です。
特に目が行ってしまうのは「住信SBIネット銀行MR.カードローンのプレミアムコース」ですよね。
でもこれは注意が必要。

プレミアムコースで申し込んでも、あなたのスコアリング属性(年収、職業、勤続年収、持家・賃貸などの審査項目の内容)が悪ければ「スタンダードコース」に必然と回されてしまいます。スタンダードコースの金利は年8.99%~14.79%となっていますので、低金利の魅力が一気に薄れてしまいます。

そういう意味では2番手の「じぶん銀行カードローン」も、上限金利が消費者金融の上限金利に近いので、同様の意味合いになってきます。

そこで注目すべきなのは「みずほ銀行カードローン」と「三井住友カードゴールドローン」。
「みずほ銀行カードローン」は、最低金利が低いクラスに入っているだけでなく、上限金利もトップクラスに低いです。

「三井住友カードゴールドローン」は銀行カードローンではなく消費者金融の分類になりますが、そのステイタス的な点が気にならなければ、上限金利が「みずほ銀行カードローン以上に」非常に魅力的なんですよ。

 

カードローン選びは、まかせて!
289763

という訳で、金利の安さに注目した時に
選ぶべきフリーローン・カードローンはこの3つ

rank1

まずは、みずほ銀行カードローンで申し込もう!

※住宅ローンの利用で、本カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

rank2

三井住友カード
ゴールドローン

※ 雰囲気が富裕層が風ですが、全然そんなことなく普通の方でも審査OK

rank3

住信SBIネット銀行 MR.カードローン・プレミアムコース
※ 選択の過程で厳しく言ってしまいましたが、
言及されていないカードローンに比べたら全然良いですよ^^

 

AUユーザーなら
じぶん銀行カードローン

※ AUユーザは金利の優遇もあるので、申し込む価値ありますね!

 

銀行と消費者金融を合わせた金利一覧表を
もう一度、確認したい方は
こちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローンを、
金利の安い順に並べたページ

 

フリーローン金利がカードローン金利と比較して低い理由と利息計算

フリーローンもカードローンも使い道が自由なローンです。
しかし、一般的にはフリーローンの方が金利は低い傾向にありますが、フリーローンの方が金利が低いのはなぜでしょうか?

また、カードローンとフリーローンではどのように金利が異なるのでしょうか?
この記事では、利息負担という観点からフリーローンとカードローンの違いを説明していきます。

 

フリーローンの方が金利が低い

一般的にはフリーローンの方が金利が低いと言われていますが、これは借入金額によっても異なります。

最低金利はフリーローンの金利が低い

商品によって異なりますが、フリーローンの金利は10%弱となっていることが一般的です。
カードローンのように、限度額によって金利が変動するのではなく、フリーローンの金利は借入金額に関係なく同一金利となっていることが特徴です。

高額になればカードローンの方が金利が低い

カードローンの最高金利は14%半ばというのが銀行カードローンの相場ですが、カードローンは融資金額が高額になればなるほど金利が低下していきます。
場合によっては1%を切る金利が適用されることもあるようです。
単純な金利の比較だけを行うのであれば、借入希望額に応じてカードローンとフリーローンを使い分けたほうがよいこともあります。
ただし、カードローンは借入額の2倍~3倍の年収が必要になると言われており、1,000万円を借りるのであれば2,000万円~3,000万円もの高収入が必要になります。
これだけの年収のある人がカードローンを利用する必要性はあまりないため、一般的にカードローンの最低金利が適用されるような高額融資が行われるケースはほとんどありません。
客寄せパンダ的な意味合いで、高額融資の最低金利が設定されているというケースがほとんどで、実際の融資限度額は300万円程度までと言われています。

 

カードローンから
選んで申込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

フリーローンの方が最高金利が低い理由

フリーローンの方がカードローンよりも金利が低いのはなぜでしょう?
一言で言えば、フリーローンの方がカードローンよりも銀行にとってリスクが低いためです。
フリーローンの方がカードローンよりも金利が低い理由として以下の3つの理由を挙げることができます。

特定の目的にしか使用できないため

フリーローンは何に使用しても自由ですが、申込時に申告した資金使途しか使用することができません。
カードローンは申告した使い道に使っても使わなくても銀行は関与しません。
一般的に、使い道が特定されているローンよりも、何に使用してもよいローンの方が貸す側にとってはリスクが高くなってしまいます。
ギャンブルなどの完全な浪費目的にも使い道が完全に自由なローンは使用することができるためです。
融資の際には、使い道が公序良俗に合致しているかという公共性も重視されますが、フリーローンはしっかりと使い道も審査できるため、公共性が高いという点も金利が低い理由として挙げることもできます。

お金の行方を管理するため

フリーローンは融資実行後に本当に申込時に申告した使い道に借りたお金を使ったかどうかを領収書や振り込みによって管理します。
申込時に嘘がつけないようになっているのです。
カードローンはこのようなことは一切行わないため、確実に特定の使い道に使っているフリーローンの方がリスクは低いため金利も低くなっているのです。

証書貸付で行わるため

フリーローンは証書貸付という融資方法で行われます。
証書貸付とは、融資金は融資実行日に一括で融資を行い、その後は返済していくだけという融資です。
住宅ローンや自動車ローンなどの私たち個人が普段から目にする機会の多い一般的な融資が証書貸付です。
証書貸付はカードローンのように返済によって空いた枠から繰り返し借入ができるというローンではありません。
最初に融資を実行したら、その後は計画通りに借入残高が減少していくだけになりますので、カードローンよりもリスクが低いといえます。
フリーローンが証書貸付であるという点もカードローンよりも金利が低く設定されている理由の1つといえるでしょう。

 

単純な金利比較だけでは比較できない

カードローンとフリーローンでは確かに金利はフリーローンの方が低いですが、金利以上に、フリーローンとカードローンの返済方法の違いによって利息負担額は大きく異なります。
フリーローンとカードローンの返済方法の違いを解説していきます。

フリーローンは元利均等返済

フリーローンの返済方法は元利均等返済方式という方法で返済額が決定します。
元利均等返済の特徴は以下の2つです。
①契約時に設定した最終期日までに完済できるように、毎月元金と利息を合計した額を均等に返済していく
②返済額は最終回までに端数を除き変わらない

元利均等返済は最終期日までに完済できるよう計算された返済額を毎月均等に返済していくことになります。
このため、カードローンよりも一般的には返済額が大きくなりますが、完済までの時間は早くなるため利息負担は少なくて済みます。

カードローンは残高スライドリボルビング方式

カードローンは、カードローンごとに設定された毎月返済額を返済していきます。
毎月返済額がいくらになるのかはカードローンによって異なりますが、一般的には毎月の利息分プラス少しの元金返済と設定されています。
毎月カードローンに設定された最低返済額を返済していっても、その大部分は利息の支払いに回っているため、カードローンの返済について「なかなか元金が減少していかない」という声が多く聞かれるのです。
また、カードローンの利用残高に応じて最低返済額が決まっていきますので、元金が減少すれば、最低返済額も少なくなります。
そこで、毎月返済義務がある支払い額はさらに少なくなりますので、さらに元金の減りが遅く、利息負担は大きくなってしまいます。
カードローンは毎月の負担が少ないという特徴がありますが、その分、完済までの期間が長くなるため利息負担額は大きくなってしまいます。

 

カードローンから
選んで申込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

フリーローンとカードローンの利息比較

それでは、フリーローンとカードローンの利息比較額はどの程度異なるのでしょうか。

100万円借りた場合のフリーローンの平均的な金利である10%と、三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンで完済までの利息負担額を比較してみましょう。

フリーローンの利息負担

フリーローンの毎月返済額は銀行や消費者金融のシミュレーションページから簡単に算出することができます。

3年(36回)、5年(60回)、7年(84回)、10年(120回)の毎月返済額と利息負担額は以下のようになります。

返済回数 毎月返済額 利息負担額
36 ¥32,268 ¥161,648
60 ¥21,248 ¥274,880
84 ¥16,602 ¥394,568
120 ¥13,216 ¥585,920

返済回数が短ければ短いほど毎月返済額は大きくなりますが、完済までの時間が早いため、利息負担額は少なく済みます。

カードローンの利息負担

カードローンの利息負担はあらかじめ決められている毎月返済額を返済していったら、何回で返済が終了するのかを計算する必要があります。

この計算を筆者は以下のサイトで行っています。

http://yasutake.b.la9.jp/loan/cgi_N_Seek.htm

金利 最低返済額 返済回数 利息負担額
三井住友銀行 年14.50% ¥15,000 137 ¥1,055,000
みずほ銀行 年14.00% ¥20,000 76 ¥520,000

最低返済額が少なく設定されているため、三井住友銀行で最低返済額だけを返済していった場合には、11年以上も完済までに時間がかかってしまい、利息負担額も借入額と同程度必要になってしまいます。

一方、みずほ銀行の場合には、最低返済額が20,000円と三井住友銀行よりも高額で、利息も低いため、完済までに必要な時間は約6年、利息負担額は三井住友銀行の約半分程度です。

それでもフリーローンよりは大きな利息負担となっています。

同じ金利でもフリーローンの方が負担は少ない

では、仮に上記フリーローンと同金利の10%のカードローンを100万円借りた場合には、返済回数と利息負担はどのようになるのでしょうか?

最低返済額が異なる3つのカードローンを想定しシミュレーションを行ってみましょう。

金利 最低返済額 返済回数 利息負担額
カードローンA 年10.00% ¥15,000 98 ¥470,000
カードローンB 年10.00% ¥20,000 65 ¥300,000
カードローンC 年10.00% ¥25,000 49 ¥225,000

カードローンの毎月返済額が多くなればなるほど、返済回数が減少して利息負担額は少なくなります。

しかし、銀行カードローンの中では、100万円の借入で毎月返済額が25,000円のカードローンはほとんど存在しません。

カードローンは最低返済額だけを返済していっても、返済期間が長くなるため、利息負担は金利差以上に大きくなってしまうことになります。

カードローンで利息負担額を軽減するためには、自分で最低返済額以上の金額を毎月臨時返済によって返済していく必要があります。

毎月の臨時返済には返済への強い意志が必要になりますが、フリーローンの返済額は毎月確実に返済する義務があるため、結果的に利息負担額が少なくなることが多いようです。

 

フリーローン金利がカードローン金利と比較して低い理由と利息計算 まとめ

フリーローンはカードローンよりも一般的に金利が低く設定されています。
使い道があらかじめ限定されているという点、融資実行後は返済を行うだけの証書貸付であるためです。
また、フリーローンは金利の低さに加えて、返済方法が元利均等返済ですので、残高スライドリボルビング方式よりも返済期間が早くなり、利息負担額は少なくなります。
特定の使い道が決まっている場合には、カードローンよりもフリーローンの方が利息の負担的にはメリットがあります。
そういった面がフリーローンおすすめポイントですね。

 

カードローンから
選んで申込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

フリーローンにこだわって探したい方は、ここが低金利ですね↓
住信SBIネット銀行Mrフリーローンと住信SBIネット銀行Mr多目的ローンの比較・徹底解説

 

フリーローンには目的別フリーローンというものがあり、多目的ローンとも呼ばれます。
何に使っても自由ですが、申込時に申告した目的にしか使用できないというローンです。
多目的ローンの特徴とはどのような点なのでしょうか?

多目的ローンとは?多目的ローンの金利比較と審査内容など
・三菱東京UFJ銀行の多目的ローン
・みずほ銀行の多目的ローン
・住信SBIネット銀行のミスター多目的ローン
・ゆうちょの多目的ローン
・JAの多目的ローン
・ろうきんの多目的ローン
・オリコの多目的ローン

上記の多目的ローンを下記のページで比較しています。
http://フリーローン金利一覧.com/多目的ローン/

 

銀行からお金を借りる 個人向けローンから事業資金融資まで 30項目

銀行からお金を借りる

ご自身の貯蓄がたくさんあれば、なんでもできます。しかし、お金が足らなくなった場合には、銀行からお金を借りる必要があります。個人でいうならば、住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンなどです。住宅ローンは数千万円の借入れになりますし、教育ローンも数百万円の借入れになります。そして、中小企業の代表者や個人事業主の方は創業するだけでも、かなりのお金が必要になります。借入先は政府系の金融機関である日本政策金融公庫や都市銀行、地方銀行や信用金庫などがあります。ご自身もしくはご自身の会社の都合により金融機関を選択する必要があると思います。会社員の方は、住宅・マイカー・教育ローンなどで済むのですが、個人経営者の場合には、事業資金として創業資金を得なければなりません。しかし、銀行はしっかり返済ができる根拠がなければ、融資をしてくれることはありません。特に都市銀行などは、大手の会社に融資をすることばかり考えていて、金利での利息を得るような営業活動しかしていません。ですから、中小企業などの場合には、地域に密着した地方銀行や信用金庫などから、融資を受けることが良いと思います。ただし、いきなり個人向けの融資をしてくれるわけではなく、保証人を必要とします。そのような際にありがたい存在として、信用保証協会があるのです。信用保証協会は、万が一返済が困難になった場合には、代位弁済をしてくれるのです。当然代位弁済ですから、信用保証協会に返済をする義務はあるのですが、銀行から融資を受ける際に保証人になってくれるだけでも、とてもありがたい存在です。また、中小企業は、少しの経済環境変化によって、大きなダメージを受けます。ですから、国や地方自治体、信用金庫などから緊急の場合の融資を受けられる制度もあります。お金を借りる際には、しっかりと将来の事業計画を立てることも重要なことです。しっかりした売上アップや収益の改善がなければ金融機関が融資してくれません。以下に、銀行からお金を借りるという観点でさまざまな説明をします。お役にたてれば幸いです。

銀行からお金を借りる使途(個人向けと事業性資金は別)

  • 個人で借りる
  • 事業資金
  • 銀行借入れのポイント

どの銀行から借入れができるか

  • 政府系金融機関
  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • インターネットバンキング

個人が銀行からお金を借りる(個人向け銀行融資)

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • カードローン
  • キャッシング
  • ローンシミュレーション
  • おまとめローン

会社が銀行からお金を借りる(法人向け銀行融資)

  • 創業資金
  • 企業再生融資
  • 緊急融資
  • 運転資金
  • 設備資金
  • 事業計画書
  • 信用保証協会

銀行融資でお金を借りるポイント

  • 金融機関のチェックポイント
  • 融資を受けるコツ
  • 保証人と担保
  • 資金使途の明確化
  • 審査

銀行融資でお金を借りるその他諸々

  • 返済遅延の際
  • 借り入れ限度額
  • 銀行系との違い

更新日:

最新の記事

no image
三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの金利と限度額と審査基準

3大メガバンクの1つである三菱UFJ銀行のカードローンはどのような特徴があるのでしょうか? 三菱UFJ銀行カードローンの特徴 三菱UFJ銀行カードローンは限度額最大500万円、金利は1.8%~14.6 ...

no image
最短即日融資も可能なカードローン一覧&すぐに今日中に借りたい時の必須ポイント

すぐに借りれるカードローンは?即日融資と即日審査の違いに注意」 カードローンの広告などでは「即日融資」とか「最短30分で審査完了」などと融資に関するスピードを謳っている広告を目にする機会が少なくありま ...

no image
カードローンの審査基準 スコアリングが甘い属性や職業で通りやすいはあるの?

カードローンを借りるには審査がある訳ですが、カードローンの審査はスコアリングという方法で行われ、申込時に入力した勤務先や年収等の内容に応じて、申込人に点数をつけていきます。 スコアリングで審査基準以上 ...

no image
スコアレンディングとは?特徴や審査のまとめ

スコアレンディングとは? カードローンやキャッシングでお金を借り入れるに当たり、本当に信頼できるのかどうか確かめるために審査が行われてきました。 審査の基準は各社で明確にされていないものの、次の2つを ...

ジェイスコア(J.Score)の特徴やメリットまとめ!審査の流れやスコアアップのコツ

ジェイスコアとは? ジェイスコアとは最先端の金融サービスで、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資により誕生しました。 2017年の9月25日からサービスを開始し、フィンテックを活用した個人向けの融資を行 ...

no image
カードローン・ダイレクトワンの金利と限度額と審査基準

ダイレクトワンとは あまり耳にすることのないローン名ですが、そもそもダイレクトワンとはどのような会社なのでしょうか? スルガ銀行傘下の消費者金融 ダイレクトワンは2012年に消費者金融を運営する丸和商 ...

Copyright© お金を借りたい!フリーローン カードローン低金利比較と審査内容 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.