【親子の安心老後なび】実家の相続 売却 片付けと親の介護&老後資金の貯蓄を40代から考えるブログ・メディア。ダブルケア問題も。

親子で安心老後なび!実家の相続 売却 片付け&老後資金の蓄えと家族信託

実家の住宅や相続関連ニュース

実家の取り壊しで親がためていたお金が

投稿日:

廃棄物から現金4251万円 持ち主特定、相続人に返還 群馬

 沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4月、廃棄物の中から見つかった現金4251万円について、沼田署が持ち主を特定、前橋市在住の法定相続人にあたる男性会社員(51)に返還していたことが、分かった。

 同署によると、現金の持ち主が死亡後に自宅が取り壊され、そのがれきが同社へ運ばれた。その後、がれきの中から紙袋に入った紙幣が見つかった。紙幣に巻かれた金融機関の帯封の日付と持ち主の口座から多額の現金が引き出された日付が一致したことや、メモの筆跡で持ち主が特定され、6月30日に返還された。

 男性は「お騒がせしました。発見してくれた方に心からお礼申し上げたい」と話しているという。

 発見から3カ月以内に持ち主が特定されなかった場合、現金は同社のものとなっていた。同社では平成21年にも、外国銀行の名前と番号が刻印された重さ約1キロの金の延べ板(当時300万円相当)が見つかり、持ち主特定に至らず、同社のものとなった。

http://www.sankei.com/region/news/170705/rgn1707050054-n1.html

持ち主からの謝礼金 沼田市に全額寄付 4251万発見の廃棄物収集運搬会社

8/2(水) 6:03配信

上毛新聞

 4月に沼田市の廃棄物収集運搬会社で現金4251万円が見つかった事案で、持ち主から謝礼金を受け取った沼田資源(高橋伸也社長)は1日、市に1000万円を寄付した。

 持ち主からの謝礼金は850万2000円で、同社が149万8000円を持ち出して1000万円にした。寄付は市福祉振興事業基金に組み入れられ、社会福祉向上に充てられる。
持ち主からの謝礼金 沼田市に全額寄付 4251万発見の廃棄物収集運搬会社

 高橋社長(41)は「今回の事案は日ごろの社員教育の成果。今後もモラルの向上と法令順守を徹底したい」と話した。横山公一市長は「誠にありがたい話。有意義に使いたい」と謝辞を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00010001-jomo-l10

\ シェアしてください /

-実家の住宅や相続関連ニュース

Copyright© 親子で安心老後なび!実家の相続 売却 片付け&老後資金の蓄えと家族信託 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.