安心老後のための蓄え3000万円の資産作りと投資・資産運用

年金に頼らないで済む資産構築を考えるブログ。高齢出産の夫婦に贈る40歳からの資産構築。

*

安心老後の蓄え3000万円の資産作りと不動産投資

老後資金はどの程度備えておけば安心?

少子高齢化が急速に進む日本において、老後の生活に強い不安を感じる方の割合が高まるのは当然のことです。この不安の最大の原因は、自分の将来・生活の見通しが不透明なことにあります。

そのため、将来に漠残とした不安を感じ、老後資金を貯めるために闇雲に貯蓄をするという方も多く見られるようになってきましたが、こういった生活を続けていると、貯蓄額は増えてもQOL(生活の質)を保つ事ができません。

そこで重要となるのが、生涯を通したライフプラン・マネープランを作成し、将来の収支と貯蓄残高、年金収入を予測し、適正な老後資金を備える計画を立てるという事です。

この時基本となる考えは、老後のために準備すべき資金は、年金などの収入合計から、老後に必要となる生活費や医療費などの支出の差額から求められる、といったものとなります。

近年、老後の生活費は夫婦共に90歳まで生きた場合、約1億円かかるという総務省の統計を目にする機会が増え、そんなに多額の老後資金が必要なのか!と戦々恐々とするご家庭も増えてきています。

しかし、この約一億円という金額は、あくまで夫婦共に90歳まで生きた場合の総支出合計です。ここから年金収入や貯蓄をひいた金額が実際に備えるべき老後資金ということになる訳です。

例 えば、平均的な男性の給与水準を参考とし、妻が8年ほど正社員として働いていたというケースを試算すると、夫婦が90歳までに受け取ることができる年金 は、7400万円に上ります。つまり、このケースで老後資金として準備しておきたいお金は、2600万円あまりとなります。

更に、仮に60歳定年時、退職金が1000万円出るとした場合は、残りの1600万円を60歳までに貯蓄すれば良いという計算となります。

これらの試算は会社員を例にとっていますが、自営業の場合は厚生年金ではなく国民年金のみの加入となるため、サラリーマンと比較して薄くなる公的保障部分を、民間の保険や金融商品で賄うなどの対策が必要となってきます。

この様に、基本的な考えを押さえた上で老後資金を見てみると、将来に対する不安はかなり払拭されるのではないでしょうか?

この考えを加味した上でライフプランを作り上げると、より具体的な老後資金の準備計画や対策が立てられますので、是非試してみて下さい。

物忘れとの違いと認知症予防。認知症の症状と種類とテストも/認知症予防サプリ

 

老後資金の準備に入るタイミングはいつがベスト?

安定した老後を送るために必要な資金は、3000万円余りとされています。この金額は、総務省の家計調査による、高齢夫婦無職世帯の収入と支出額の割合から算出されたものです。

家計調査によると、夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯における収入の平均額は年金を含め22万円、支出は27万円とされています。つまり、高齢夫婦無職世帯においては毎月約5万円、年間約60万円の赤字が生まれているという計算になります。

この赤字部分を埋めるのが老後資金となる訳ですが、20年で1200万円、30年で1800万円が必要となる計算になります。更に、定年退職から年金を満額受給できるまでの空白期間についても、老後資金で賄う必要が出てきます。

例えば、60歳で定年を迎え、65歳から年金を受給するとした場合、空白期間の5年間に必要となる生活費は約1600万円となります。

これらのことから、老後の生活に必要な資金は約2800万円~3400万円、ざっくりと3000万円とされているのです。そのため、もし仮に退職金が2000万円出るとした場合、老後資金として備えておきたい金額は、実質的には1000万円ほどとなります。

この1000万円という金額ですが、人生において必要となる資金である以上、若い内から貯蓄を初めておく方が当然有利です。

1000万円というとかなりまとまった資金に感じますが、例えば35歳から貯蓄を開始した場合、0.9%運用利回りのある金融商品で毎月3万円ずつ積み立てることで目標を達成できます。

これが50歳からのスタートとなった場合、毎月倍の6万円ずつ積み立てたとしても、6.3%もの運用利回りをクリアしないと、1000万円には届きません。
資産形成は、スタートが遅れれば遅れた分だけ傾斜が辛くなるという点は、老後資金の準備を考える際、是非肝に銘じておきたいところです。

老後資金は確実に必要となる大切な資金です。それだけに、ローリスクの金融商品で堅実に準備することが大前提となります。早めに老後資金の準備を始めると、リスクを軽減できる上、金利や条件が有利な記入商品の選択の幅も広がります。

老後資金を効率良く貯めるには、ライフプランを立て、住宅資金や教育資金とのバランスを考えながら、いかに早い段階でスタートダッシュを切れるかが鍵となると言えるでしょう。

 

老後にお金が必要になったら

金融機関の融資は、所得や信用力によるものが主ですが、高齢者など年齢によっても審査基準や融資の枠が異なります。
その中でも、老後にお金が必要になった場合、手段として覚えておきたいのが「リバースモーゲージ」と「年金担保ローン」という融資方法。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージというのは不動産担保ローンの一種で、住宅に抵当権をつけ担保にするローンなのですが、審査で決めた金額を年金タイプで亡くなるまで受け取ることができるというローンです。
相続人がおらず持ち家の方に有効な借り方で、不動産の価値を審査することで、その人が亡くなった時に銀行が担保に入れた不動産の売却することを前提として融資をします。
決められた枠内で月々の生活費の足し等に使えるのが魅力ですね。
ただし、最初に決めた金額を年金タイプで融資していく為、受けられる融資の期間が決まっています。

そして満期が来た段階で住宅は売却されますから、予測した期間より長生きするとその後の生活拠点ややり繰りを検討するリスクが生じます。

住宅を売却して生活費を作ろうとしている方には、そこに住みながら生活費を生み出すことができるのでとても重宝される融資方法です。
ただ、金融機関としてのリスクも高い為、今はまだこの融資を取り扱っている金融機関も数えるほどしかありません。

年金担保ローン

年金担保ローンとは、その名の通り年金を担保に融資を受ける方法で、国から得る年金である為、信用審査をする必要がない程の信用力がることから大概の場合、すぐにでも融資を受けることができるのが特徴です。
年金受給額を審査することで融資額から返済計画が立てられますから、融資枠も年金受給額から生活を守る金額を残した額が融資枠になるのも特徴で、生活が壊れることは基本的には配慮されます。

ただし、融資を使えばその分必ず年金受給額は減少する為、中には多重債務になる高齢者も少なくありません。
一時的にイベント事で年金を前借りする感覚で活用するのはお勧めできますが、高額の支出に担保で融資を受けるのはその後の生活や医療費などのリスクを考えればお勧めはできません。

一番は融資を受けずに老後の生活をやり繰りできる為の資産形成を、若いうちから進めておくのが鉄則ですが、高齢者には突発的な支出もつきものです。
こういった融資もその人の生活環境や将来設計に見立てて活用するのも老後の生活を豊かに送る為の有効手段になるのではないでしょうか。

公開日:
最終更新日:2016/05/09